和装での前撮り☆おすすめ6サイト

和装を前撮りする理由はいろいろ存在する

TOP > 和装の前撮りお得情報 > 和装を前撮りする理由はいろいろ存在する

和装を前撮りする理由はいろいろ存在する

大抵の人が成人式に卒業式、さらに結婚式に着物を着ます。
卒業式の場合は女性陣のみ袴を着ています。
ビジネス関連の学校の卒業式だと袴ではなく男女ともにリクルートスーツを着ています。
ただし、成人式や結婚式では和装を外すことはできません。
普段は着物を着ないので着物を着たら写真を撮りたくなります。
だけど、成人式や結婚式の後に写真を撮るのは大変です。
別にスナップ写真程度はいつでも撮れます。
ただし、きちんとした記念撮影写真は前日などに撮影を済ませておいた方がいいでしょう。
それに式の後ではせっかくの着物が着崩れているかもしれません。
きちんとした格好で撮影したいなら前日に済ませておくべきです。
しかも、撮影するために着物を着るのは式の予行練習にもなります。
式の当日に着付けの時に慌てることがなくなります。


結婚式の披露宴で記念に新郎新婦の写真を飾るとその場の雰囲気が和みます。
普段のスナップ写真もいいけれど、二人が着飾った写真の方がインパクトがあります。
さらに二次会などで二人の等身大のプラカードなどを見かけます。
前撮りをしておいた物を等身大にまで引き延ばして飾っておく人もいます。
その方が結婚式の雰囲気がぐっと盛り上がります。
それに前撮りのメリットは時間にゆとりがあるということです。
ゆとりがあるということはいろいろなことができます。
例えば、いろんなシチュエーションで撮影が可能です。
スタジオ外で撮影することも可能なサービスを行っている業者も存在します。
さらにポーズを変えて何枚も撮影することができます。
ちなみに撮影を行ってくれるのは大抵がプロの写真家です。
その結果、被写体が一般人でもまるでモデルなみの作品が仕上がります。


しかも、前撮りした作品はいろんな使い方ができます。
例えば、結婚式での引き出物に進路新婦の写真をプリントしたものを贈るとかです。
確かに長く使える物に写真をプリントすると貰う相手にも迷惑がかかるかもしれません。
だけど、お菓子などのパッケージなら貰う相手にも迷惑はかからないでしょう。
写真の活用法といえば記念にアルバム作成する人もいます。
さらにプロの写真家に写真を撮ってもらうことは一般人でもモデル気分を味わうことができます。
しかも、普段では着られない衣装を沢山着ることができます。
前撮りの際、気に入った衣装を当日着るのもいいかもしれません。
その理由着てみて一番似合う衣装を結婚式で着ることができます。
和装を前撮りしておくことはメリットばかりです。
時間に余裕があるなら一度検討しておきましょう。

次の記事へ

MENU