和装での前撮り☆おすすめ6サイト

和装の前撮りの流れや選び方とは

TOP > 和装の前撮りお得情報 > 和装の前撮りの流れや選び方とは

和装の前撮りの流れや選び方とは

結婚式を行う人の半数以上が行っていることの一つに、前撮りがあります。
結婚式当日には着用することができない衣装を着ることができたり、結婚式当日にはゆっくりと撮影することができないので、前撮りにより撮影に集中して本当に良い一枚を撮ることができるというメリットがあります。
前撮りは必ず行わなくてはならないというわけではないように、時期も人により様々ですが、一般的には結婚式の一ヶ月から二ヶ月ほど前に行われることが多いです。
スタジオ撮影やロケーション撮影から選ぶことができますが、前撮りした写真を結婚式の招待状に使ったり、プロフィールムービーやウェルカムボードなど結婚式の演出の一つに取り入れる場合には、ある程度期間に余裕をもたせて撮影の予約を入れておくことも大切になってきます。


前撮りに必要となる料金は、十万円以内というケースが大半ですが、衣装の数や枚数による違いや、スタジオ撮影かロケーション撮影かによる違いもあります。
当然のことですが、依頼する業者による違いもあるのでよく比較してから選ぶことが大切ということは頭に置いておかなくてはなりません。
料金の違いは比較しやすいポイントとなっていますが、金銭面だけで全てを判断するべきではありません。
カメラマンの腕の良し悪しによって、写真の仕上がりには大きな影響を与えることになるので、実績はよくチェックしておくべきです。
特に和装となれば、得意な人に任せないと和装の良さを最大まで引き出してもらうことができないので気をつけましょう。
カメラマンによって、実績はあっても和装はあまり得意としていないという人もいるので注意すべきです。


和装を着る機会が滅多にないのはもちろんなこと、着た状態で写真を撮ることは初めてという人もいるのではないでしょうか。
日頃着なれていない着物は、動きにくいと感じてしまいどのようなポーズをしたら良いのかでも悩んでしまうことになります。
基本的にはカメラマンがポージングも支持してくれるので心配はいりませんが、希望がある場合には事前にしっかり伝えておくことが大切です。
足を運んでいきなり撮影となってしまうと、相談も不十分なので意見も伝えることができません。
依頼する前には相談する時間をしっかりと儲けてくれるスタジオを選んでおくべきです。
撮影してくれるカメラマンとの相性が合わないと、引きつった笑顔になってしまうので、カメラマンとの相性に関しても事前にチェックしておくべきポイントとなります。

次の記事へ

MENU